スポンサーリンク
ドアラのブログ
所属:中日


ドアラのSNS一覧
  • ドアラブログ

  • エピソード・経歴
    ドアラ(DOALA)は、プロ野球球団中日ドラゴンズの、コアラをモチーフにしたマスコット。

    背番号は1994。

    1994年からマスコットとしてドラゴンズの数々の試合に登場している。

    中日メインマスコットのシャオロン&パオロン両名の鈍重コンビのアクションを補うべく、バック宙やバック転等を披露している。

    名古屋市とコアラの関係は深く、1984年(昭和59年)に初めてコアラが来日したのが名古屋市(名古屋市とシドニーが姉妹都市関係にある)であり、以来、東山動植物園では一番の人気者である。

    ドラゴンズとコアラの関係は1987年からウインドブレーカーのワッペンにコアラが登場し、ホームラン人形にもコアラを使うようになった(元々はこの人形のことをドアラと呼んでいた)。

    その人気にあやかって1994年から登場したのが、現在のマスコットのドアラである。

    ドラゴンズマスコットのアクション担当。

    性別は男。

    年齢は「アルコールOK(被選挙権があるかどうかは不明)」歳、身長は「アジアの頂点」cm、体重は「圧倒的な存在感」kg(この3つは「ドアラのひみつ」より)。

    頭はコアラ、胴体は細身の引き締まったヒトの形で、野球ボールのような青くて大きな丸いしっぽを有する。

    体色はチームカラーと同じ青色。

    耳はとても大きく、白く長い耳毛を生やしている。

    眉は太く垂れており、つぶらな瞳で、鼻は黒くて大きく、口はいつも無機質に笑っている。

    顔部分色のみ、薄い肌色である。

    着ているユニフォームは中日選手陣と同じデザインが用いられており、背番号はデビューした年にちなんで1994。

    ビジター戦の際は選手と同じく青いビジターユニフォームを用いる。

    靴は大きく厚みのある楕円型で、色は体色と類似したドラゴンズブルー。

    側面に白でカタカナの「ド」をあしらったロゴがプリントされている。

    イベント等でスーツを着用する事があるが、その際にはしっぽを出す為にズボンの前後を逆にする。

    これはしっぽをしまうと死んでしまうため。

    ちなみにこのスーツはAOKIの「もてスリム」。

    無機質に笑う顔、頭に対しスレンダーすぎる体、細い体に対して肉付きのよい尻、奇妙な仕草などが気持ち悪いと言われる一方、それがキモかわいいとしてカルトな人気がある。

    ドアラデーにて司会のお姉さんに「これが、かの有名な気持ちの悪いドアラの動き」と言われるところを見ると、球団側も気持ち悪いとの認識はあるようだ。

    本人曰く「気弱で引っ込み思案、無口だがお調子者」とのことだが、実際には傍若無人なパフォーマンスを繰り広げ、周囲がどうであろうとも自らの存在感を存分にアピールする行動を繰り返す傾向にある。

    時折、逆に「棒立ちになったまま微動だにしない」といった奇行を見せることもある。

    年収はパンの現物支給。

    主食は5枚切りのパン。

    愛用のシャンプーはブルガリ。

    使用している暖房器具は石油ファンヒーター。

    お笑いが好きでお笑い番組を頻繁に見るとのこと。

    この他にも「手羽先」「コーン」は好物であるが、「味噌カツ」は苦手である。

    好きなゲームはスーパーファミコンの「パネルでポン」。

    将来の夢は「いつも寝ている生活」。

    初期は顔が丸く赤みを帯び、目が小さかった。

    その後マイナーチェンジを2回行い、現在の顔になる。

    また、初期のユニフォームにはHITACHIやSUZUKIの広告が付いていた。

    「顔の造形がドラゴンズの森野将彦選手と似ている」と、一部から言われているが、ファンのみならず、元コーチ・二軍監督の川相昌弘(現巨人二軍監督)も指摘していた。

    さらに森野本人もNHK出演の際に、ドアラと顔が似ていることを認める発言をしており、後日、CBCラジオ『ドラゴンズワールド』のインタビューで「ドアラに似てると思われるのは(どう思っていますか)?」との問いに「嫌です。マスコットに似ているなんて意味が分からない」と含み笑いでコメントを残している。

    2008年度の名古屋市営地下鉄名城線で運行しているドラゴンズトレインの車内広告で、ドアラ自身は森野のことを「ライバルだと認識している」ことが明らかになった。

    2011年8月17日の対巨人戦では、「エイデンエコナイター」として開催された試合に合わせ「エコドアラ」として登場。

    登録名はECO DOALAで背番号は2011。

    風貌は普段と変わらないが、 自然を意識していずれも緑色の耳を覆う被り物・靴・ワッペン・葉を模した飾りを付けた手袋・しっぽには同じく葉を模した飾りを付け、観客に自然を大切にする気持ちを喚起していた。

    但し頭の被り物はチャックが閉まらず、後頭部の青色が見えていた。

    ナゴヤドームの3回裏の攻撃終了時、ファンサービスとしてドアラのサインボールがチアドラゴンズのバズーカ砲によりスタンドに打ち込まれる。

    また7回裏の攻撃終了時には1塁内野側で連続バック転の後、1回宙返りを試み、着地の良し悪しでドラゴンズの勝敗を占う(実際にこの法則を最初に発見したのはつボイノリオらしい)。

    成功するとチアドラの歓喜の輪ができる。

    失敗するとメンバーからポンポンで叩かれる。

    一部のメンバーが散らかしたポンポンを拾うこともある。

    ドアラが失敗した場合、チアドラの主要メンバー、可児千裕(愛称カニちゃん)がバック転に挑戦することがある。

    稀にドアラと同時にバック転する場合には、両者共に成功すると可児に歓喜の輪ができる。

    ただし、この場合もドアラは失敗した時とほぼ同じ仕打ちを受けるのがお約束となっている。

    挑戦はガチンコで行われており、失敗も芝居ではなく本気で失敗している。

    ちなみに、セ・パ交流戦や日本シリーズなどで相手チームのマスコットが来場した際、3塁側相手チームマスコット、1塁側ドアラでバック転対決を行う(バック転ができる相手マスコットに限られる)。

    ただし、最近はバック転にひねりを加える難易度の高い演技に挑むようになり、成功率が下がっている。

    ドラゴンズの選手が本塁打を打つと、その喜びを表すために連続バック転のパフォーマンスを本塁の近くで行っている。

    試合終了後のヒーローインタビューにドラゴンズの選手が呼ばれた時には、ドアラ人形つきのマイクが向けられる。

    ヒーローインタビューの後にお立ち台で選手と写真撮影を受けるが、一部選手(森野将彦ら)からは腕で払いのけられてお立ち台から落とされるという仕打ちを受けている。

    2003年のシーズンに師匠ゴールデンドアラと出会い、数々の特訓を受ける。

    また、大阪プロレスでゴールデンドアラの試合を観戦中、師匠の危機に奮起し試合に乱入。

    見事ダブルフォールを奪い勝利する(勝利後には「ドアラーズ」のタッグ名で呼びあげられた)。

    これらがきっかけで、コメディアン系のファンキーな芸風となってくる。

    もっともそれ以前からコメディアン系芸風の片鱗を見せており、はじけた最大の理由は2001年の星野仙一の中日監督退任だと言われる。

    星野は野球が真剣勝負であり、そこに悪ふざけを持ち込むことを嫌っていると言われていた。ドアラ自身は2008年のAll Aboutのインタビューで「星野監督に怒られた事はない」と語る一方「おちゃらけたことは拙いだろうな、と自主規制していた」とも振り返っている。

    2006年シーズン中に長机の上に横向きでうつ伏せになるなどシュール系の魅せ方にも開眼。

    そして、2006年シーズンオフにはグラビアアイドル級のセクシーポーズという魅せ方を会得。

    2007年、オフ中の地道な仕事をこなしながら映画やアニメで忍者が雲隠れをする時の「ドロン!」ポーズを会得。

    この年のパフォーマンスの方向性として、志村けんを基本として、小島よしお、藤崎マーケットを取り入れている。

    また、時折パントマイム芸を披露するなど、引き出しの数は予想以上に多いと思われる。

    2008年からは「1・2・3・ドアラー!」やインパルス・堤下敦のティディベアなどを披露している。

    2009年にはオードリー・春日俊彰の「鬼瓦!」ポーズも披露。

    宮城球場に訪問したときに東北楽天ゴールデンイーグルスのクラッチと絵心勝負をして以来、ステージでドアラの絵心を試す企画ができた。
    お得意の敬礼ポーズは映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』で青島刑事が怪我をして室井の車で運ばれて行く時、道路で警備中の警察官が車に向かって敬礼をしていたシーンを参考にしたとのこと。

    交流戦では積極的に他球場へ訪問している。

    そのために、マスコットとして本来想定外であるビジターユニフォームまで新調した。

    ナゴヤドーム以外の主催試合・2軍試合等も積極的に訪問。

    リーグ戦終盤においてはビジター戦に登場した。




  • ドアラの画像
  • ドアラの動画
  • ドアラのショップ
  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク

    ドアラの芸能ニュース

  • ニュースはありません