古市氏「とくダネ」で大麻擁護か

 TOP
スポンサーリンク
11月7日放送のフジ「とくダネ!」でコメンテーター・古市憲寿氏と三浦瑠麗氏の発言が物議を醸しているとか。

(以下引用)

この日、『とくダネ!』ではスノーボードハーフパイプ元日本代表の成田童夢が生出演し、6日に大麻取締法違反容疑で逮捕された元五輪スノーボード男子代表の国母和宏容疑者について特集。

バンクーバーオリンピックで8位に入賞し、世界を舞台にした大会で優勝した経験もある国母容疑者について成田は「一目置かれるレジェンド的な立場であったにもかかわらず、こういった事件になってしまって、本当に残念で仕方ない」と語る一幕があった。

そんな中、話を振られた古市氏は、大麻は常習性のある覚せい剤とは違うとした上で、「大麻ってアメリカの多くの州やヨーロッパの国で合法化されていて、世界の流れは明らかに、大麻は犯罪ではあるけれども摘発までしなくてもいいんじゃないかっていう流れですよね」と今回の逮捕を疑問視するような発言をした。

さらに三浦氏も、国母容疑者が現在、雪山からスノーボードで滑り下りる映像を制作していることに触れ、「実際、私たちみたいな一般人がそういうことできるわけじゃないので、特殊な精神状態でやれると思うんですよね。そうじゃなければオリンピックであそこまでいってないと思うんで」と指摘。

さらに「競技が素晴らしいけど態度がひどいとか、素晴らしい動画を作ってるのに大麻をやってるっていうのは矛盾でもなんでもない」「北海道に拠点を置く以上は、日本では大麻をやったり輸入したりすることは言語道断と言わざるを得ないけど、それが彼に無理なのであれば、どっかの時点で移住していくことになるんだろう。でも、彼の実績は変わらないですよね」と話していた。

しかし、2人の発言にネットからは、「大麻にも依存性はあるし、犯罪なのに摘発されない流れとかあきらかにおかしいでしょ」「大麻がほかの違法薬物の入り口になってる例はたくさんあるって知らないの?」「大麻やってるから素晴らしい作品残せるっておかしいでしょ。その人の根本にあるのは大麻しかないの?」といった反発の声が集まってしまった。

擁護しているとも受け取られかねない2人の発言に違和感を抱いた視聴者は多かったようだ。

(引用元:リアルライブ)

この話題にネットでは

「まーた古市がうかつ発言しちゃったのか」

「古市はこれが平常運転」

「現時点で法律違反だから摘発してるわけよ 文句は法律変えてからにしろ」

「「大麻が世界的に合法化の流れになっている」のと、「違法だけど摘発しなくてよい」のとは全然違うぞ」

「その通りだと思う。大麻は合法化したらいい。世界はその方向に進んでいるし、タバコや酒よりも安全な可能性大」

「大麻に関して「海外を参考にしろ」という著名人が結構いるのだが、何故日本より治安が悪い国を参考にする必要があるのか全く理解出来ない。外国人が増えている今、より厳しくする必要があるのでは?」

「たぶん古市くん当麻合法化の経緯は認識してて、問題提起して議論したかったっぽいんだけど、他の出演者はそんなに知識がないので「(なんでだろうね…?)」みたいになってたし、元麻取の人も迂闊な発言は避けて経緯を簡潔に説明して済ませてた。なので古市大麻推進派!完!みたいになってて渋みがあった」

「大麻に手を出したら、他の薬物にも手を出しそう。と言うのが素人の直感だよ」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人情報、URL、自演、公序良俗に反する投稿などは禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : あ 2019/11/08 18:53
    大麻の安全性をそこまでゆうなら日本をでてすればいい、大麻の安全性より国の安全性をとるわ
    名前 : やってる 2019/11/08 12:47
    自分を擁護してそう。知らんけど
    スポンサーリンク