「ケイジとケンジ」続編も東出は降板

 TOP
スポンサーリンク
不倫報道から3年経った俳優・東出昌大さん(34)ですが、本来であれば主演のはずだった今年4月期放送が内定しているテレ朝「ケイジとケンジ所轄と地検の24時」の続編も降板となり、他キャストが穴を埋めることになったと東スポWebが報じています。

(以下引用)

桐谷や検察事務官役の女優の比嘉愛未らは当然続投だが、東出は〝降板〟させられたという。テレ朝関係者によると、続編の仮タイトルは「ケイジとケンジ、時々ハンジ」。

「東出さんに代わる検察官役の俳優と『ハンジ』=判事、つまり裁判官役の俳優を主要キャストに迎え入れます。東出さんの〝色〟を薄めて制作するわけです」(同)

(中略)

東出は早々にキャストから外されたという。

「東出さんは不倫騒動や恋人同伴といった女性問題のイメージがいまだに残ります。そうなると、『ケイジとケンジ』の続編に出演しても視聴者はそのイメージで見てしまう。スポンサーからの心証も芳しくない。だから、局としては是が非でも起用しようとはならなかったようです」(同)

とはいえ、不倫は罪ではない。

「3年たった今も連ドラから干されているのは、気の毒といえば気の毒。映画と舞台で活動していくしかない状態です」(映画関係者)


この話題にネットでは

「自業自得」

「気の毒……?誰が言ってんだ」

「映画と舞台があるのに“気の毒”って意味不明」

「気の毒なのは共演してた桐谷達じゃないの?」

「たしか桐谷健太さんの初主演ドラマだったのにこの人のスキャンダルで足引っ張ったよね。桐谷さんは現場の雰囲気良くしようと色々頑張ったみたい。キャスト変更で続編決まって良かったね」

「この時桐谷健太が矢面に立たされて可哀想だったな。東出を庇うことをしなかったのは賢かった。題名が名前じゃなくて職業だったから替えが利いて良かったね」

「もったいないなぁ。なにもなかったら続投だったし、テレ朝ドラマってうまくいけば長期シリーズのドラマになれたのに」

「でも別に演技上手くなかったしな。あの時不倫発覚して、桐谷健太メインに移行してたからいなくても違和感ないや」

「相棒なんかも長期シリーズだけどメインの相棒役のキャスト変わっても人気だし、昔やってたはぐれ刑事なんかもそう。このドラマも東出一人が出なくてもいけそう」

「いや不倫どうこうの前に演技力よ」

「あの内野聖陽の前で一丁前の演技論語ったと知ってから、真の恥知らずなんだと。どの口が言う?」

「不倫した後も守ってくれようとした事務所を裏切ったんだから仕方ないような」

「そういう仕事なんだから仕方ないよね。イメージが大事な商売なのわかっててその上で自分で選んでやったことの結果なんだから当たり前じゃない?」

という声も。





感想を投稿

名前
コメント

誹謗中傷、個人情報、URL、自演、公序良俗に反する投稿などは禁止です。当サイトへの要望・要求などはメールでご連絡ください。コメント欄だと見落とすことがあります。

みんなのコメント

名前 : あ 2023/01/24 18:12
でも、強すぎる女は嫌だからわからんでもない。 ぼくちゃん好きだし
名前 : あ 2023/01/24 14:00
『気の毒といえば気の毒』って、不倫そのものの他に、会見の発言とか新恋人連れ込んだりとか養育費のこととかで更に嫌われてるんだから全部自分のせい。
名前 : あ 2023/01/24 08:37
↑コメントがみんな正論過ぎて…賛同しかないわ。
スポンサーリンク