伊勢谷「必要のないダム作り」と持論

 TOP
スポンサーリンク
俳優の伊勢谷友介さん(44)が6月22日ツイッターを更新し「必要のないダム作り、日本はまだやっています」と持論をつづっています。


この話題にネットでは

「ゲリラ豪雨とか昔はそこまでなかった超局地豪雨対策を考えると必要以外何者でもないんだよなぁ」

「日本は梅雨もある台風も来る。去年あれだけ水害あったのにそれ言うかね」

「俳優風情がダムが必要か不要か決めつけるな」

「芸能人だって政治に関心を持ち発言しても構わないと思う。 黙ってろと言う意見の多様性を認めない意見にここは日本ですよーって言いたい」
は素人が聞いても無理がある」

「著名人の方が政治についてツイートすると、よく調べもせずにとか批判がありますが、私は別に問題ないと思ってます。今回の伊勢谷さんのツイートによって石木ダムのことを一人でも多くの人に知ってもらうだけでも、意味があると思います」

「まあこの石木ダムは発電目的ではなく貯水目的なので、水の受給権について市は正しく説明する必要はあるだろうし、流石に現在の説明

「「ダムの底に沈んだ故郷」みたいなテレビに感化されたのだろうが、ダムの底に沈んだ村は水害に多く合ってることを、元住民に訊いてみればいいのだ」

「あれだけ、必要無いと叩かれた八ッ場ダム…。実際に作ったら…台風19号の時に絶大な効果を示した訳で…本当に必要か否かなんて作ってみないと解らないけどね」

「むしろ今こそインフラ再整備に金使わないとダメだろ」

という声も。





感想を投稿

名前
コメント

誹謗中傷、個人情報、URL、自演、公序良俗に反する投稿などは禁止です。

みんなのコメント

名前 : あ 2020/06/25 06:09
遠回しに「ダムはムダ」っていいたんじゃろ
名前 : あ 2020/06/23 19:15
ダム勉強すれば分かるが、都道府県の平地には畑が存在し水が足りない場所が多々ある。その中で案外知られてないのが、遠い地域のダム水が離れた場所へ土地へパイプで通し多用されてる事。一応今まで日本国内で無駄に作られたダムなど存在しないよ。土砂崩れや川安定の安全性は当然ながら、それ以外で本当に配給されてる。伊勢谷は配給されてる部分知らないんじゃないかな。人工物のダムに寿命あるのも仕方ない。
スポンサーリンク