小川彩佳アナの離婚が成立

 TOP
スポンサーリンク
離婚協議中と伝えられていたTBS「NEWS23」キャスターを務める小川彩佳さん(36)と、医療ベンチャー「メドレー」の前代表・豊田剛一郎氏(37)の離婚が成立したことが分かったとか。

6月30日までに都内区役所に離婚届が提出され受理されていたことがデイリー新潮の取材で明らかになったとのこと。

(以下引用)

「二人の間には昨年7月に産まれたばかりのお子さんがいますが、親権は小川さんが持つことになり、豊田氏が子供の成人まで、毎月、養育費を支払うこと、定期的に面会交流を行うことなどで合意したと聞いています」(同前)

(中略)

「彼は早朝から出社時間までは、一人で育児を担当。週に3日は、会社が終わると家に飛んで帰り、子供を風呂に入れ、寝かしつけもやっていた。彼のイクメンぶりはベンチャー仲間では有名な話でしたよ。もちろん、小川アナも分担してやっていたし、彼女の実家の援助もあったでしょうが、彼女の仕事は夜ですからね。毎晩、夜泣きする乳児と二人で取り残されるのはしんどかったと思います。彼女の希望で保育園やシッターの利用もしなかったようです」(同前)

豊田氏の周囲には、一連の報道が一方的だと同情する声が多いという。起業家仲間は、仕事と育児で追い込まれていた彼の状況が「もう少し理解されてもいいのでは」と訴える。

「小川さんもキャスターとして大変だったでしょうが、彼だってベンチャー企業の代表取締役として激務を抱えていたのです。けれど、仕事でどんなに頑張っても、常に“小川彩佳の夫”としか言われず、家にいても話し相手もいない。そんなストレスも合わさって、癒しを他の女性に求めたんじゃないでしょうか。その後、離婚へと突き進んだのも、小川彩佳の夫という立場が想像以上の負担となっていたからだと思います」

無論、だからといって豊田氏の裏切りが許されるわけではない。


この話題にネットでは

「イクメンは大変だから不倫しても仕方がないって意味わからないよ?」

「イクメンって…自分の子供育てるの当たり前やない? 旦那が大変やったのはわかるけど、他の人とこイクのは違うやろ…」

「だからって不倫してもいいのかっちゅー話やわ!不倫したら何もかもそいつが悪い事になるんですよー!じゃあ初めから普通に離婚してりゃよかった」

「コレ!逆効果だわ! 夫側擁護のつもりだったら。 子連れで不倫?ほったらかして不倫?」

「育児で大変やからって、浮気に繋がる意味がわからんし、激務とかいいながら浮気する暇はあったんかい!って感じだわ」

「女が朝から晩まで育児して 夜中に夜泣き対応してるのはなんとも思わないのに なんで旦那がそれやったら相当キツくて不倫しても仕方ないみたいになるの?」

「これ、どういうつもりで書いてんだろ? ワンオペで赤ちゃん見てる母親には「当たり前」って言うくせに…」

「子供産まれる前から不倫相手の女性とは繋がってたんじゃないの?育児が不倫を肯定する理由になったら、子供がかわいそう過ぎるだろ」

「育児の分担で疲労しているのに浮気する元気はあるっていう。いかにこの2人が話し合いのできない夫婦だったかってことかな。小川さんもなんで復帰急いだんだろう」

という声も。





感想を投稿

名前
コメント

誹謗中傷、個人情報、URL、自演、公序良俗に反する投稿などは禁止です。当サイトへの要望・要求などはメールでご連絡ください。コメント欄だと見落とすことがあります。

みんなのコメント

名前 : あ 2021/07/01 14:59
ストレス!?理由が何であれ浮気は駄目だろ。共感なんて一ミリも無い
名前 : あ 2021/07/01 14:20
小室もそうだけど介護とか育児を不倫の言い訳にするなよ
スポンサーリンク