唐橋ユミが脚本家と同棲発覚

 TOP
スポンサーリンク
唐橋ユミさん(43)と脚本家の成瀬活雄氏(55)の交際を週刊ポストが報じています。

(以下引用)

10月7日、日曜日の夕方6時頃、東京・渋谷の人混みを仲睦じく歩く男女の姿があった。

ボーダー柄のTシャツにハーフパンツ姿の男性が手をつなごうとするが、小柄な女性は笑顔で振り払う。さらに男性は肩や腰に手を回そうとするものの、女性が「ダメよっ、もうっ」とばかりに振り払うが、その表情はにこやかそのもの。

女性は「日曜朝のメガネ美女」として知られるフリーアナウンサー・唐橋ユミ(43)だ。この日の午前中は、キャスターを務める『サンデーモーニング』(TBS系)の出演を終えたばかり。

リラックスした様子の唐橋は、白いTシャツにジャンパースカートというラフな服装で、トレードマークのメガネを外し、出演時とは雰囲気がガラリと違う。

本人は自著で〈メガネを外すことは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい〉(『わたしの空気のつくりかた』より)と綴っていたが、テレビでは見せることのないメガネなしの表情も魅力的だ。

お相手の男性は、映像監督・脚本家の成瀬活雄氏(55)である。1997年に映画『不機嫌な果実』で監督デビューし、ドラマ『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』(ともにTBS系)などの脚本も手掛けてきた。

この日は、渋谷の大衆居酒屋で食事をした後、歩いて帰路についた2人。帰り道になると、成瀬氏が唐橋の腰に手を回したり、頭や首を撫でたりしても、彼女が拒む様子はなかった。そして2人は同じマンションへ寄り添いながら吸い込まれていった──。

「成瀬さんのトークイベントで唐橋さんが司会をしたり、ツイッター上でやりとりをしたりと、以前から2人は親しかった。昨年12月頃、唐橋さんの住むマンションに成瀬さんが引っ越す形で同棲生活が始まったようです」(芸能関係者)

冒頭のデートの2日後の夜、2人がマンションに帰ってきたところを直撃した。

この日も唐橋はメガネを外しており、お酒が入っているのか、少しトロンとした表情。

記者が交際について質問すると、唐橋は「ごめんなさい」と2回繰り返し、かばうように彼女に寄り添う成瀬氏に促されながら、マンションに入っていった。

その後、唐橋は所属事務所を通じて「チャンスを逃すのはまずい年頃なので、そっと見守ってください!」と回答。成瀬氏の事務所は「プライベートなことは関知しておりません」と答えた。

(引用元 週刊ポスト)

この話題にネットでは

「めちゃ率直なコメントやな」

「チャンスを逃すのはまずい年頃なので、そっと見守ってください!って正直で好感の持てる回答と思う」

「眼鏡外しても可愛いね。しかし、そんな歳だったとは。そっとしてあげて!」

「お互い独身どうしなら仲睦まじい大人の恋愛で微笑ましいじゃねえの。こんな可愛い子が浮いた噂ないのが不思議だったもの」

「なに、このメタボおっさん」

「こういうのってたいてい付き合い始めのときは男が既婚者だったりする」

「普段メガネ掛けてないのか」

「眼鏡補正ってスゴいんだな。騙されるところだったわ」

「明日のサンモニ波乱必死!」

という声も。



  • 引用元:中二病速報
  • 唐橋ユミと成瀬氏の画像


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : メガネなくても 2018/10/16 01:20
    カワイイ
    名前 : 本人が 2018/10/13 22:06
    眼鏡を外すのは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしいと言ってたけど普段から掛けないんだな
    スポンサーリンク