月9「SUITS」初回14.2%の好発進

 TOP
スポンサーリンク
俳優の織田裕二さん(50)が主演を務めるフジ月9ドラマ「SUITS/スーツ」の初回が8日に30分拡大で放送され、平均視聴率が14・2%と高視聴率だったことが分かったとか。

(以下引用)

前期の「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の初回10・6%を大きく上回る好発進となった。

前期の「絶対零度」は初回10・6%で、“月9”としては昨年7月期の「コード・ブルー〜ドクター ヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(16・3%)以来、4期ぶりに初回2桁スタート。

これで2期連続での2桁発進と“月9”の復活を印象づけた。

同作は11年6月にスタートし、現在シーズン8が放送中の米国の同名人気ドラマが原作。法律事務所を舞台に、傲慢な性格だが仕事はできるエリート弁護士(織田)と、弁護士資格を持たないが天才的な記憶力を持つその相棒(中島裕翔)がバディを組み、数々の難しい訴訟に挑んでいく姿をスタイリッシュに描く。

10年ぶりに月9主演を務める織田と女優の鈴木保奈美(52)が1991年に大ヒットした同局「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演を果たすことでも大きな話題となった。

(引用元 スポニチ)

この話題にネットでは

「月9でこんなに視聴率いくの久々じゃない?」

「フジでこれはすごい」

「2話目の数字が勝負だろうなぁ。次回12%超え位なら最後までうまく流れていくし、次回10%割ったらジリ貧で惨敗の予感。原作は間違いなく面白し、織田裕二は芸達者なわけでやっぱりキーポイントは中島裕翔と脚本の巧さかなぁ」

「東京ラブストーリー世代が興味半分で見たんだろ。しかも昨日は祝日だったし」

「久々に月9を見たわ。原作知らなかったからおもしろかったし、次回も見るかな!」

「日本版を観ていてアメリカ版を観たことがない人は、もうアメリカ版は観ないことをオススメします。アメリカ版との出来の違いに卒倒します。日本版だけを観て、これはこれとして完全に終結させるのがいいと思う」

「何だかんだ言っても、やはり織田裕二は主役としての華がある。(脇役はできないが)やはり、月9は華がないと。設定をほとんど変えず、台詞もアメリカ調なので、本家を見ている方からはツッコミ多数でしょうが、私は気になりませんでした。」

「元のドラマが人気だから初回ならこれくらい行くでしょ。問題はこれからだよ」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : あ 2018/10/10 11:45
    ハーヴィーを織田裕二が演じるのは無理
    名前 : あ 2018/10/09 16:47
    B'zの主題歌が全く印象に残らなかった
    スポンサーリンク