石田ゆり子が更年期障害を告白

 TOP
スポンサーリンク
石田ゆり子さん(49)が9月23日放送のフジ「ボクらの時代」で「自律神経がついていけない」と更年期障害を告白し、ネットでは「勇気をもらった」「自然体でいい」など反響の声があがったとか。

(以下引用)

最近はアラフィフならではの悩みを抱えているという。9月23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、石田は一緒に出演した有働由美子アナ(49才)と角田光代さん(51才)に、こう打ち明けた。

「この独特な疲れってあるじゃないですか、世代的に。自律神経が…ついていけない(笑い)」と話せば、さらに、「最近さ、急に“暑い!”って(笑い)」と告白。

それを聞いた有働アナは、「あるね、あるね」と共感の声を上げ、角田さんも「暑いからなのか、ホットフラッシュなのかわからない」と明かし、3人はアラフィフ女性のリアルな更年期障害トークを繰り広げた。

「石田さんと有働さんはプライベートでも連絡を取り合う仲。つい本音トークが出たんでしょう。更年期について隠さず話す姿に共感した女性が多く、“勇気をもらった”“自然体でいい!”など大反響でした」(テレビ局関係者)

更年期障害とは閉経の前後5年(45〜55才くらい)で女性ホルモンが減少することにより、心身に障害がでることをいう。症状の出方や起こり始める年齢には個人差があるが、独身、既婚、出産経験に関係なく、女性なら無縁ではいられない。

(中略)

石田に共感した有働アナも、昨年11月に放送された『あさイチ』(NHK)の中で、40才の時に更年期障害だと診断されたことを告白していた。

「2008年、ニューヨークからオバマ大統領(57才)勝利の現場報告をしている最中のことで、立っていると、クゥ〜と地面に引っ張られるようなめまいを感じたそうです。冬なのに、急に汗が出るようになり、とにかく小さなことで、自分をコントロールできないくらいイライラしたと明かしていました」(NHK関係者)

有働アナはまだ40才だったこともあり、医師に「ストレスで更年期が早まったのではないか」と診断された時は、「信じたくなかった」が、処方された女性ホルモン剤をのむとホットフラッシュがなくなり、頭痛とイライラもなくなったという。

(引用元 女性セブン)

この話題にネットでは

「もうそんな年齢なんだな…」

「更年期障害は誰にでもあると思うけど、実際になったらやっぱり少しショック。石田ゆり子さんでもなるんだ、って思うとなんか安心する」

「49歳には見えないけど、身体は正直だね」

「更年期障害という単語が似合わないくらいの可愛さ」

「この番組は見てた。石田ゆり子さんが更年期障害っていってもなんか楚々としてて可愛く聞こえるからいいなぁ。(羨ましい) 49歳には見えないわ。」

「親近感わくわ」

「急にガクっとくるときがやってくる」

「自然のまま歳を取ってるってことだよね。若さに執着せずいいと思うよ」

「女優さんやアナウンサーの人がそういう話をしてくれるのってかなり助かる」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる
  • 石田ゆり子のインスタグラム


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク