今井絵理子「今の社会風潮に反対」

 TOP
スポンサーリンク
元SPEEDで、自民党の今井絵理子参院議員(34)が6月12日のブログを更新し、「RADWIMPS」ボーカルの野田洋次郎さん(32)が物議を醸していた「HINOMARU」の歌詞について謝罪したことについて言及し、「今の社会の風潮には賛成することができません」と持論を展開したとか。

(以下引用)

野田は11日、「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。ありません。誰かに対する攻撃的な思想もありません」と釈明。「傷ついた人たち、すみませんでした」と謝罪していた。

今井氏はこれにブログで反応。

「私はRADWIMPSの楽曲に勇気や感動を与えてもらっている一人です」と切り出し、「表現の手法は作家の自由であり、言葉遣いや色使いに正しいも間違いもありません。決して誰かの同意や批判を得たくて作品をつくるわけでもありません」と持論を展開した。

作者の考えとはかけ離れた解釈がSNS上で拡散されていることを指摘し、「この作品の産みの親である野田洋次郎さんが釈明と部分的に謝罪をする場面に出会い、とても複雑な心境です」。

続けて「受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません」と私見をつづった。

(引用元 スポニチ)

この話題にネットでは

「未だに議員に居座る神経がわからない」

「一理あるなと思うけど不倫の件ですんなり言葉が入ってこない。色眼鏡で人を見てはいけないと思いますが、言葉に重みを感じない」

「ほとぼりが冷めたと思ってるのかな?」

「急に出て来て何?!」

「正論だけどあなたは黙ってたほうが良い」

「本気で政治家やって行けると考える…その思考回路が そもそも人々の失望感を招いてる」

「私もこの人を当選させるような世の中の風潮に納得いかない」

「実績が不倫しかない人に言われてもね」

「不倫はさておき、この意見は正しいと思う」

「もっともな意見だと思います。神経質に何でもかんでも突き回して批判して声が大きいものが勝ち、正しいみたいな風潮がある。明らかに悪意のあるものは置いておいて、表現の自由がなくなってる気がする。生き苦しい世界だねー」

「「一線は越えてません」とか白々しいことを平気でいう人間が国会議員やれちゃう風潮のほうが賛成できないんですが」

「あ、自分の生活費の為に国会議員になった人だ!」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる
  • 今井絵理子のブログ記事


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : あ 2018/06/13 15:01
    「決して誰かの同意や批判を得たくて作品をつくるわけでもありません」ってアーティストはリスナーからの同意は得たいんじゃないの?同意がないと作品が売れないと思うし。何のためにアーティストは作品を出すのか誰か教えてください。
    名前 : あ 2018/06/12 23:12
    野田さんは、この人にはフォローしてほしくなかったと思う。不倫女でイメージ悪いし、関わりたくないはず。
    名前 : 仕事ができればいいが 2018/06/12 19:08
    仕事ができないのに不倫しても議員でいることの方がおかしい
    名前 : た 2018/06/12 18:30
    黙れ
    スポンサーリンク