モト冬樹のスズメ違法飼育に賛否

 TOP
スポンサーリンク
タレントのモト冬樹が3月13日、テレ朝「グッド!モーニング」で、スズメの「ちゅんちゃん」を保護し、育てていることが違法であると一部週刊誌に報じられたことを受け、先週、東京都から違法を知らせる書面が届いたことを明かし、「諦めるしかないのかな」と悲しげな表情を浮かべたとか。

(以下引用)

冬樹はブログでも、ちゅんちゃんの回復ぶりなどを何度もつづっていた。

ちゅんちゃんとの出会いは昨年6月。冬樹の妻が「まだ飛べないスズメ、親にエサをもらっているスズメが巣から落ちたかなんかで、カラスに食べられそうになっていた」ところを助けたのが出会い。

「基本的に俺も妻も鳥は嫌いなのね。でも生かさなきゃいけないじゃない。死にそうだったから」と、見て見ぬふりは出来なかったと当時を振り返った。

冬樹によると、保護して2日目に都の環境局に相談したところ、元の場所に戻すように指導されたというが「向こう(環境局)の気持ちも分かるよ?規則だから。でも、気持ちとしてそれは出来ないでしょう。自分でエサを取ることもできない」とコメント。

その後、動物園などに自然に戻す方法などを相談しているうちに8カ月が経過してしまったという。

そしてついに「東京都がうちに『違法ですよ』という書面を送って下さったのが先週」と、都から通知が届いたことを明かし、これで明確に違法だと認識したという。

「死にそうだったスズメをなんとか生き返らせて、色んな方に相談して今まで…。そのまま元に戻せって無理でしょう、気持ちとして」と、弱っていたちゅんちゃんをそのまま戻すことは出来なかったと当時の心境をもう一度吐露すると「でも法律は守らなきゃいけないですから…。今、妻と悩んでいる最中です。どうしようか。どうにかしなかいけないのはもちろんわかってる」ともコメント。

最後に「簡単に言うと諦めるしかないのかな…」と悲しげな表情を浮かべた。

番組では、スズメなどの野鳥は生態系維持のため飼育はおろか、保護することも鳥獣保護管理法で禁止されていると説明。

もしも弱った野鳥などを見つけた場合は、東京都では環境局に連絡をすると、場合によっては動物病院などを紹介してくれることもあり、費用も都が負担すると説明している。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「違法なのかもしれないが、人として正しいと思う」

「何だか、心が痛くなる。これはモトさんの行動は正しいと思う。違法違法って、他にもっと罰するべき事があるだろう」

「モト冬樹のスズメの雛を保護して8ヶ月経過した問題。法律的には違法かもしれないけど、なにも悪い事はしてないわな。これだけ懐いているから、モト冬樹本人も奥さんも別れが辛い気持ちはわかるわ」

「モト冬樹のスズメのニュース、和むわ〜 見逃してやれ」

「これはダメだわ・・・人間の考えを自然界に押し付けてるだけなんだよな」

「野鳥飼育はあかんwww」

「モト冬樹さんが野生の雀を勝手に飼い都から改善命令!!ダメだとしても…(*´-`)優しさにホッコリ」

「モト冬樹も、SNSにあげるから馬鹿だよね」

「何が面白いって散々ブログでスズメの飼育を発信しといて、8ヶ月経ってやっと週刊誌が初めて報道してるとこ」

「モト冬樹のスズメ騒動,人間のエゴだよな。最初に保護するのがそもそも間違えてる。保護したせいで人間の庇護下じゃないと生きることができない状態になったら簡単に言ってスズメ殺したのと同意義でしょ」

「モト冬樹さんの件は辛いな…知らずに八ヶ月も人口育鄒したスズメだと野生に帰しても餌の取り方や外敵からの身の守り方も解らんから、生きていけんだろう。かといって法律に従うのなら、例えその先に野垂れ死ぬかとって食われるかの道しかなくても放さなければならないと言う理不尽」

「意外と擁護している人が多くて驚いてる…命を助けて自然に返すまでの保護はわかるけど、8ヶ月もペットのように育ててブログでもその姿をアップしていたのでとても違和を感じていた。もう自然には返せない飼い方してるから今後どうなるのだろう?」

という声も。



  • 引用元:にんじ報告
  • モト冬樹のブログ


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : あ 2018/03/13 22:18
    ホンマ重箱の隅の醤油までなめるような人間ばっかりやな!