アンゴラ村長に吉本若手ブチギレ

 TOP
スポンサーリンク
アンゴラ村長の「大物吉本芸人への非礼」に吉本若手が「シメる」とブチギレていると報じられています。

(以下引用)

昨年の「キングオブコント」を機に大ブレイクを果たしたにゃんこスター。男女混成コンビにして両者が交際中という話題性から、年末年始もバラエティ番組に引っ張りだことなった。

そんな中、同コンビで「リズム縄跳び」を担当する女芸人・アンゴラ村長に関して“物騒な話題”が──。

「今彼女に対して“マジギレ”している芸人がいるんですよ」と語るのは放送作家だ。アンゴラ村長に対する怒りの声が飛び交う背景に「正月特番での彼女の言動」があるという。

「1月2日の特番『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)に、にゃんこスターが出演したのですが、そこで『“超大物先輩芸人”に対してアンゴラがナメた口をきいた』というんです」

いったい、その“超大物芸人”とは?

「宮川大助・花子の花子さんです。番組の序盤、ブルゾンちえみとのからみの際にアンゴラ村長が盛大にスベってしまい、花子さんが『あんた、しゃべりアカンな!』とダメ出ししたのですが、ここからのアンゴラ村長の言動が問題視されているんです。あろうことか芸歴40年を超える大先輩の花子さんに指を指し『あんた』呼ばわりしたあげく、『大阪弁でしゃべりすぎ』『もうちょっと黙っておいたほうがいい』と“非礼すぎる反撃”をしたんです。番組を見た吉本の若手数人が『絶対に許さん』『アンゴラをシメる』とライブの楽屋で息巻いていましたよ」(前出・放送作家)

一方で「トークの弱いアンゴラ村長にそんなアドリブができるわけがなく、間違いなく『台本ありき』でしょう」と、この放送作家は指摘するが、新年早々、お笑い界らしからぬ物騒な話である。

(引用元 アサ芸プラス)

この話題にネットでは

「とうとうやりおったなアンゴラ村長ww」

「この子生理的に無理。ほんと無理」

「いくらなんでも大先輩にそれはダメだね」

「こんなんで怒る花子さんではない。野爆くっきーの大花の写真加工ネタや、大助グッズネタが許されてんだから。あれこそ普通の大御所だったらカンカンだわ」

「台本に決まってんだろ。むしろ「あんた喋りあかんな」言われて何も返さなかったら笑いにならんだろ。「あんた喋りあかんな」「あんたは喋りすぎや!」これで1セットなんだから」

「急に売れたから、他の女芸人にめちゃめちゃ嫉妬されてそう」

「小学5年生くらいの時にクラスに1人はいた勘違いブス的イメージ。出始めのころ、芸人が可愛い面白いって絶賛していて不思議だった」

「松本人志がなぁ〜 余計なことしなければ」

「面白くないし、空気読めてないし、お笑い舐めてる素人だし、いつかアンゴラにブチギレる人がいると思ってた」

「見てた! これ演出?って不安になるくらい失礼だった! 花子さんは大人の対応で笑ってたけど」

「てかかみつくなら絶対うけないとな。あれですべったから現場の空気がとんでもないことになっただろ」

「そんなに騒がなくてもすぐに消えるんじゃないの」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる
  • アンゴラ村長のツイッター


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : ↓ 2018/01/12 04:07
    誰かと勘違いしてない?毎回噛み付いてるみたいな感じで書いてるけど全然違うでしょ。まぁ空気凍らせてるのは間違ってないけどね
    名前 : あ 2018/01/12 03:12
    いろんな人に噛みつくけどことごとく空気凍らせてて早く消えてほしい。どの番組でもそうだから台本ではないでしょ。
    スポンサーリンク