東国原英夫が不妊治療を公表

 TOP
スポンサーリンク
元宮崎県知事でタレントの東国原英夫さん(60)が1月7日にツイッターを更新し、不妊治療で子供を授かったことを公表したとか。

(以下引用)

東国原は昨年10月に夫人との間に男児が誕生したことをテレビ番組などで報告している。

6日のツイッターでは60歳にしてパパとなったことへの反響の大きさに「今回の子供の誕生の件。友人・知人・多くの方々から、祝福や激励、驚きのメッセージを頂き、この場を借りて御礼を申し上げたいと思います」と感謝。

そして「まさか60歳で新たな子供の親になるとは」と率直な気持ちもつぶやいた。

東国原は14年に20歳年下の一般女性と結婚したが、子供を作ることは結婚時からの「約束」だったといい、不妊治療を行ったことも公表した。

「不妊治療は思ったより大変でした」と、当事者となって初めて治療の大変さを実感したようだが「しかし、その過程で、この国・自治体・社会で子を産み育てる環境の具体を実態として知る事が出来たのも、また生命の尊さを改めて痛感出来たのも、子供からのプレゼントだったのかも知れません」と、治療を体験したことで、一層視野が広がったことも訴えた。

また東国原は親の介護も抱えていることから「自らの老いと両親の介護問題、子育ての問題。正に『少子高齢化』問題。この国が直面する大きな課題に向き合っていかなければなりません」と決意をつぶやいていた。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「そりゃ60歳で赤ちゃん産まれるのは色々な意味で大変さだろうな。でも、作った以上は責任持って、頑張って長生きしてくれ!」

「60歳で子供作れる人なんて、それなりの収入がこの先も見込め無いと無理だわさ」

「20歳下ってことは40歳の奥さま?今どきアラフォーでの出産は珍しくないけど、旦那さんが60歳だと、不妊なのが普通だと思う。男だって老化するからね。それなのに奥さんがそう約束させたって凄い。運良く授かってよかったね」

「奥さんの願いを叶えてあげたかったのですかね」

「稼ぎがあるから大丈夫!高齢での子供となると、一般的にはこれからのお金のことがまず心配だっていうし。お金で解決できることはいっぱいあるから裕福な方たちに子供たくさんつくってもらって日本の少子化を止めてほしい」

「60歳と40歳からのスタート…流石に子供がかわいそうな気がする」

「やっぱ適齢期ってあるよ」

「40歳の女性も子供が欲しいから不妊治療のお金を出せるくらいのお金を持ってる男を探してたってことか。なんかキモイな」

「かとうかずこさんとの間にもう大きい子供2人いるよね。奥さんが欲しいといったとしてもなんだかね、東国原英夫の子供欲しいの?変な趣味」

「ふつう孫がいるような年齢なのにね」

「子供がかわいそうとは言うけど普通の家庭よりはたんまりお金はあるでしょうから…まぁ父親との時間は確実に短いけどね」

「いい事なのかなぁ。おめでとうを言うのにためらう」

という声も。



  • 引用元:ガールズちゃんねる
  • 東国原英夫のツイッター


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : ん 2018/01/10 11:05
    三原じゅん子が年下男性と結婚したときは「(子供産まないんだから)若い男性は産める女性に譲るべき」「国会議員なら、国のために」って言ってたよね。不妊治療は、どっちがやったんだろ?
    名前 : 前に 2018/01/10 01:47
    両親の介護を任せきりや、亭主関白でポテサラのハムは数p×数pなどいろいろ要求が多いとか、今もそうなら大変なのは奥さんだよな。
    名前 : お 2018/01/09 23:51
    最初の妻との子どもはどう思うんだろう。この年で父親が子どもつくって。嫌だよな。
    スポンサーリンク