スポンサーリンク
女優の田畑智子さん(36)と俳優の岡田義徳さん(40)が、交際7年目にしてついに結婚の意思を固めたことが女性自身の取材で明らかになったとか。

(以下引用)

15年11月、田畑が岡田の自宅マンションで左手手首付近を切り、病院へ緊急搬送されるという“自殺未遂騒動”が発覚。

一度は破局が報じられた2人だが、昨年7月に本誌は田畑の自宅マンションに通う岡田の姿を目撃。これまで愛憎劇を繰り広げてきた彼らも、やっと元のサヤに収まっていたのだ。とはいえ、それ以来吉報は聞こえてこない。

9月上旬、本誌は都内にある田畑の自宅マンションを訪れた。すると駐車場から車を運転して出てきたのは、田畑ではなく岡田。近所の住民によると数カ月前から同棲を始めていたらしい。翌日、またも1人で田畑のマンションから出てきた岡田に記者が声をかけた。

――同棲のために引っ越してこられたんですか?

「そうなんです。僕の住んでいたマンションが、ちょうど契約切れだったんでね。更新するならいっそのこと一緒に住んじゃおうかと」

――田畑さんとは来年早々にも結婚される予定だと聞きましたが。

「はい、結婚に向けて動いています。ご心配をおかけした皆さんに、少しでも良いご報告ができればなと思っているんです」

――田畑さんとはこれまでいろいろありましたね。

「あはは、たしかにそうですね(笑)」

つらい過去も、いまでは笑い飛ばす余裕をみせた岡田。

「僕も男としての責任を取ります!彼女のご両親にもお会いして、『結婚します』ということを伝えてきました」

――では、むこうのご両親も承知のうえなんですね。

「はい、認めてくださっていると思います」

男気溢れる“けじめ婚”を宣言した岡田は、田畑の待つ愛の巣へと帰っていった。娘の結婚報告を受けた田畑の両親もさぞや喜んでいることだろう。

そう思い、本誌記者は彼女の実家である京都の老舗料亭を訪れ、田畑の母親に声をかけた。しかしその表情からは一抹の不安が。岡田は「ご両親も認めてくださっていると思います」と語っていたのだが――。

――娘さんがついに岡田さんとの結婚を決意されたと伺いました。

「たしかに昨年の11月、2人でうちに来ましたよ。“結婚を前提に交際したい”って」

――そのときの岡田さんの様子は?

「岡田くんはきちっとしたスーツにネクタイを締めて、髪の毛も短く整えてはりました。礼儀正しくて真面目そうな人やと思いました」

この好印象から、きっと岡田のことを認めたに違いないと思いきや――。

「基本的に、結婚には反対なんですわ。だって、仕事ちゃんとしてるんやろか(笑)」

予想外の辛口評価だが、それも愛する娘を心配するがゆえなのだろう。

「そやけど、あんまり私らが反対して、2人の気持ちを逆なですることもできません。前に“かぼちゃの件”もあったことやしねぇ。また何しでかすか分かりませんやん(笑)」

母親が言葉を濁した“かぼちゃの件”とは、田畑の自殺未遂騒動のこと。彼女は当時の会見で「かぼちゃを切っていて怪我をした」と語り、救急搬送が事故であると主張していたのだ。

「今後は周囲に迷惑をかけんように2人で頑張るなら、最終的には本人たちの判断に任せませるしかありません」

終始、岡田への不安を口にしていた母親だが、最後にはこんなフォローも。

「岡田くんとヨリを戻してから、電話した時の智子の声が全然違います。やっぱり彼がそばにいてくれて、あの子も心強いんやと思います。いろいろ言いましたけど、2人が幸せになってくれたらそれでええんです」

母親はそう言い残して店内に戻っていった。数々の困難を乗り越え、ようやく叶った逆転ゴールイン。末永くお幸せに!

(引用元 女性自身)

この話題にネットでは

「いろいろ騒ぎになりましたが、ようやく落ち着くんですね。お幸せに!」

「お二人とも素晴らしいバイプレーヤー、大好きな役者さんですしプライベートも今は順調なら安心しました。幸せになってほしいです」

「ちゃんと仕事してるかどうかって…それはお母さんが仕事ぶりを知らないだけだと思う。田畑さんも結婚したいなら、相手として認めてもらえるように働きかけないと」

「娘を思う気持ちは分かるけど、岡田さんは仕事してるんやろか?って…お母さん、ちょっと酷すぎやしないかな?」

「お母様の返答が いかにも京都の方っぽいw」

「個人的感想だけど。お母さんの言葉、字面だけなのに、イヤミったらしい感じがする」

「田畑智子のお母様がさすがのお応え。京都のおんな 老舗の女将さん恐るべし。やんわりイヤミでぐうのねもでない」

「お母さん喋りすぎ〜」

「田畑智子も重すぎるし、母親もめんどくさいな。余計なお世話とは重々承知だけど、岡田義徳、本当に考えた方がいいと思うわ」

「すごく嫌な感じの母親。自分が岡田さんの立場なら、正直ちょっと…考え直すかも。こんなんだから、娘さんなかなか結婚できないんですよ。素敵な女優さんなのに。正直、岡田さんはすごい。失礼だけどもっと若い女優さんだったりと結婚なんて可能性もあるなかで誠実にけじめを、と動いていらっしゃるのに…母親が水をさすなんて。田畑さん、しっかりお母さんに釘をさしておいた方がいい」

「カボチャの件から二人ともテレビで観ることが少なくなった気がしますね。お母さんが心配なのも分かるけど、娘がやらかした事だし、それで岡田さんの仕事が減ってしまったのなら、自分の娘さんの責任でもある。自殺未遂と出てしまったら、他の男性もちょっと近寄りづらいと思う。けど、岡田さんは結婚を考えてくれてるんだから、ありがたい事じゃないですか。幸せになってもらいたいなぁ」

「親が反対するような歳ではない。36だよ??」

「田畑智子については朝ドラのせいで、メンタル弱い男に逃げられて奮闘するイメージなのだが、むしろ田畑智子のほうが手に怪我をするなどメンタル怪しい系なのだった」

「岡田義徳さんと田畑智子さんの話、メンヘラが幸せになるのを許された感じがあっていい」

という声も。



  • 引用元:中二病速報


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : ↓ 2017/09/12 18:57
    性格ブスからお墨付き頂きました
    名前 : あ 2017/09/12 17:23
    ばかでブスどうし良いと思うよ
    名前 : あ 2017/09/12 15:05
    結婚しても、すぐ、離婚では、 お互い 違う人 探した方が
    名前 : ん 2017/09/12 14:04
    田畑母は、結構見抜いてると思う。ただ、こんな京女で老舗の女将を務めてるぐらいの人だから、失敗も経験の一つと思ってるのかも。
    名前 : あ 2017/09/12 11:50
    岡田が鬼畜仕様だから、こう言われても仕方ない。親なら心配だよね。こんなひどい女遍歴と彼女に鬼畜対応する男。
    名前 : あ 2017/09/12 10:37
    幾つになっても自分の子供は心配なんじゃない?そんな嫌な言い方かね?
    名前 : 嫌われもの 2017/09/12 09:23
    心にないことを誉めて遠回りに嫌味を言っては見下す京都人。この人こそ典型的な京都人。
    名前 : あ 2017/09/12 09:13
    かぼちゃ切ってて手首切った人…
    名前 : あ 2017/09/12 08:19
    いくつになっても子供に変わりないとは言うけど…36歳にもなった娘に対して過保護で過干渉な感じ。こんな言い方するから京都人は嫌われるんだよねぇ。ホント文面読むだけでも嫌味!
    名前 : あ 2017/09/12 07:44
    これが40過ぎたとたんに「はようデキ婚でもええから」とか言いそう
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク