スポンサーリンク
俳優の佐藤二朗さん(48)が10日放送の日テレ「誰だって波瀾爆笑」に出演し、新卒で入社した大手企業をわずか1日で退社したエピソードを明かしたとか。

(以下引用)

国立の信州大を1992年に卒業した“バブル世代”。就職活動の時期は売り手市場であったにも関わらず、佐藤は就活で“25連敗”したという。

「基本的にはサラリーマンになろうと思ってました。サラリーマンになって、土日の余暇で趣味としてお芝居を東京でできたら…と思ってました」と当時の考えを告白。

「マスコミだと高確率で東京で勤務できるっていうんで、在京のキー局、広告代理店とかの有名どころを受けて滑りましたね」と“25連敗”の真相を明かした。

その後、佐藤は大手企業のリクルート社に入社が決定したが、1日で退社した。

「入社式を日本武道館でやって、有森裕子さんが来たり、二次会では嘉門タツオさんが歌ってたりしてました。すごい魅力的で勢いのある会社で、たくさんのアイデアが出る会社で…言うまでもなくリクルートには何の問題もない」と切り出すと、「社員証を人事部長にお返ししたときに、『リクルート30年の歴史で入社日と退社日が同じ日になったのは君が初めてだよ』と言われた」と驚かれたことを告白。

「20代の頃は本当にどうしようもなく、あっち行ったりこっち行ったりの精神状態だったんで1日で辞めちゃいましたね」と、会社の“イケイケ”な雰囲気に馴染めず退社したことを当時を振り返りながら語った。

「本当お恥ずかしいというか、僕の汚点ですけどね」と若き日を振り返った佐藤。1日で退社したことを告げた日には放任主義だった父親も「何でそんな1日で辞める会社に入ったんだ」と「半泣き」になったといい、佐藤は「その父親の顔は今でも覚えている」としみじみと語っていた。

(引用元 スポニチ)

この話題にネットでは

「コンビニのバイトじゃないんだから!(笑)」

「そんな佐藤二朗の生き方好きだわ」

「1日で辞めるってある意味すごい(^_^;)」

「あの社風は確かに合う合わないはあるな」

「信州大学出なのか」

「リクルートからCMのオファーが来たらおもしろいね。若い頃の俺。今の俺。リクルートは人生の分岐点にいる。とか」

「今日の就職とは事情が全く異なるので読むときは注意しないといけない…」

「大学とかも意味無いから辞めるとかあるけど勢いだけだと苦労するね。プランと信念があれば有りだと思うけど…。何も無い奴が真似すると危険」

「1日で退社したのはリクルートに問題があるわけじゃないって言ってるし、大企業を1日で辞めたと自慢気に語っているわけでもなく、親を泣かせたことも含め自分にとっての汚点と認めているから、まあ正直な人なんだな。入社式でなんか、合わないってな本能的なものを感じたんじゃないかな」

という声も。



  • 引用元:ライブドアニュース
  • 佐藤二朗の画像
  • 佐藤二朗のツイッター


  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    名前 : 番組帰る程苦手 2017/09/11 19:59
    毎回シュールぶってブツブツ長ーーくボケてつまらん。まじで笑えない。癖の強いアドリブ多すぎてドラマぶち壊すしカホコ出ないでほしかった。ムロツヨシは馴染むけどこの人は馴染まないからむり
    名前 : あ 2017/09/11 10:09
    佐藤二朗好きだなぁ。この人声優やっても違和感ないし、アドリブ演技も面白い。
    スポンサーリンク