スポンサーリンク
宇野常寛のツイッター
誕生日:1978年


宇野常寛のSNS一覧
  • 宇野常寛ツイッター

  • エピソード・経歴
    宇野常寛(うのつねひろ、1978年)は日本の評論家。

    企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。

    批評誌『PLANETS』編集長。

    青森県生まれ。

    立命館大学文学部卒業。

    大学在学中の2002年2月頃に友人らとともにウェブサイト「惑星開発委員会」を立ち上げ、オタク系文化などのポップカルチャー批評を行う。

    「惑星開発委員会」は1年ほどしてメンバーの卒業などからいったん解散するが、大学卒業後、会社員をしながら2005年に「第二次惑星開発委員会」を立ち上げ、2005年12月にミニコミ誌『PLANETS』を発刊。

    自衛官だった父親の名前を借りて宇野常寛という筆名を名乗る。

    デビュー評論「ゼロ年代の想像力――「失われた10年」の向こう側」を『SFマガジン』2007年7月号から2008年6月号まで連載の後、2008年7月に単行本『ゼロ年代の想像力』を上梓した。

    同書は2009年の大学読書人大賞で第三位となった。

    2011年4月から東京大学教養学部(駒場キャンパス)にて自治会自主ゼミ「現代文化論」を担当。

    2011年秋学期は明治学院大学(戸塚)にてサバティカルに入る高橋源一郎の代りに「現代文学論」を担当。



  • 宇野常寛の画像
  • 宇野常寛の動画
  • 宇野常寛のショップ
  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク

    宇野常寛の芸能ニュース

  • ニュースはありません