スポンサーリンク
つば九郎のブログ
所属:ヤクルト


つば九郎のSNS一覧
  • つば九郎ブログ

  • エピソード・経歴
    つば九郎(つばくろう)は東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターである。

    初登場は1994年4月9日の阪神タイガース戦。

    2008年には、プロ野球のマスコットとしては初めて開催試合連続1000試合出場を達成した。

    プロ野球12球団のメインマスコットとしては唯一ユニフォームを着用していないのが他球団マスコットとの大きな相違点である。

    イベント等の特別な機会に浴衣や眼鏡を身に着けたり、ヤクルトアトムズ復刻ユニフォームをなどを着用することはあるものの、基本的にヘルメット以外は何も身に着けていない。

    本人曰く「はだかきゃら」。

    だが、本当はお洒落を楽しみたいらしい。

    正装は「裸にネクタイ」である。

    胸にあるSwallowsのロゴはタトゥーであると本人は主張している(鳥なのにどうやって彫り物を入れているのかは不明)。

    実際妹のつばみには同様のロゴは存在していない。

    また、頭には野球帽ではなくヘルメットを着用している。

    本人曰く、軟らかくて危険とのこと。

    過去に何度か割れており、最近はチームメイトに叩かれているので取れそうなのが悩みである。

    自身の著作において、実はヘルメットをずらせる事が判明。

    そして2009年5月17日、ついにヘルメットを脱いだ姿をファンの前に披露した。

    ヘルメットの下はわずかながらリーゼントである。

    ただし、福地寿樹は、他の選手やファンに披露する前に知っていた。

    2010年6月7日には「NEW ERA CAP DAY」に際して、NEW ERA社から帽子を作ってもらった。

    背中には立派な燕尾を有する。

    通常のツバメとは異なり、先が上を向いているのが特徴。

    腕の代わりにリストバンドをここに着用する時もある。

    非常に危険らしいので、触らずにおくことをお勧めする。

    手羽には指があるため物を器用に扱えるのだが、逆に羽が退化して小さくなっているため飛べない。

    「自分は敢えて飛ばないツバメ」、「飛ぶ必要がない」と本人は主張している。

    非常に恰幅のよい体型をしており、メタボリックシンドロームの典型である。

    つば九郎の世界ではこの体型が基準サイズであり、現在さらにメタボ体験中であるとの事。

    この体つきと白い腹・黒い背といったツートーンカラーの体色からしばしばペンギンと間違えられてしまうので、Suicaのキャラに立候補しようと考えているらしい(頬の赤さや上述の燕尾と、彼がツバメであることを示す特徴はある)。

    ツバメは本来渡り鳥なのだが、つば九郎はツバメ界の最先端をゆく進化したツバメで日本の四季変化に対応する事が可能である。

    そのため温暖な所へ渡らなくとも生活ができる。

    反面、恋したツバメと冬には別れてしまうので恋が長続きせず、彼女いない歴15年という状況。

    前転はできるが、大がかりなアクロバットは行わない。

    フジテレビ系列の番組トリビアの泉内の検証コーナーでプロ野球球団マスコットの徒競走が行われた際には、スタートに遅れた事も影響して最下位であった。

    だが、羞恥心の振付を完璧にこなす他、中日ドラゴンズ投手陣のノックに参加するなど、動きの良さを見せる場面もある。

    名前の由来はツバメの古称「つばくろ」と、「鍔迫り合いに強く、苦労(九郎)しながら接戦をものにする」という意味がこめられている。

    ただし、本人はその事を知らず、「大人の事情」とあまり気にしてはいない。

    性格は非常に自由奔放であり、ドアラをして「あの方、自由奔放さでは、ボクの上を行くヒト」と言わしめるほどである。

    行動もマイペース。

    福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(当時)に記念撮影とサインをお願いした時に、宮本慎也からは「怖いものなし」と評された。

    なお、本人は自身が調子に乗りやすい性格である事を悪い癖と自覚はしている。

    おなかは白いがそれとは裏腹に腹黒い性格で、しばしばいたずらをする。

    ただし、球団から文句を言われることはないらしい。

    バットを持って打撃をする時は八重樫幸雄のフォームを真似するパフォーマンスを行う。

    バズーカを構えるつば九郎上述の通り激しいアクロバットを行わないので、バズーカでスタンドへ向けてTシャツを撃ち込むのが主なパフォーマンスとなる。

    不意を突いて妹のつばみなどをバズーカで撃つ行為は、もはや恒例行事と化している。

    ホームの神宮球場のみならず、遠征先の球場、さらにはイベント先においてもこのバズーカパフォーマンスを行う事が多い。

    ダンスをする時は、羞恥心のサビにおける振り付けと志村けんの「変なおじさん」の動きを好んで使用する。

    かつて在籍したアレックス・ラミレスとお立ち台などで一緒に行なう息の合ったパフォーマンスもよく知られていた。

    ラミレスが巨人へ移籍した後はアーロン・ガイエルと同様のパフォーマンスを行うことがある。

    さらに、2009年よりチームに加わったジェイミー・デントナともパフォーマンスを行い始めている。



  • つば九郎の画像
  • つば九郎の動画
  • つば九郎のショップ
  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メールアドレス、電話番号、URLなどの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク