スポンサーリンク
若田光一のブログ
誕生日:1963年8月1日


若田光一のSNS一覧
  • 若田光一ツイッター
  • 若田光一ブログ

  • エピソード・経歴
    若田光一(わかたこういち、Koichi Wakata、1963年8月1日)は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に所属する宇宙飛行士。

    これまでに2度、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルに搭乗して宇宙飛行ミッションを行った。

    埼玉県大宮市(現さいたま市北区)出身、九州大学卒。工学博士。

    スペースシャトル就役当初、NASAはスペースシャトル自体の運用を行うミッションスペシャリスト(MS)資格を外国人に認めておらず、日本人宇宙飛行士は日本の搭載機材のみを操作するペイロードスペシャリスト(PS)に限定されていた。しかし、宇宙開発事業団(NASDA)と宇宙科学研究所(ISAS)が共同開発した宇宙実験・観測フリーフライヤー(SFU)をスペースシャトルで回収することになり、NASAも外国人にミッションスペシャリストの門戸を開放したため、日本人ミッションスペシャリストを養成して自ら回収操作を行うことが計画された。

    このような経緯から宇宙飛行士に採用されたのが、若田である。宇宙空間に浮遊するSFUの回収を行うためには、スペースシャトルに搭載されているロボットアームの繊細な操作が必要であったが、若田はこの技術を修得し、STS-72ミッションでSFU回収に成功した。

    さらに、国際宇宙ステーション(ISS)建設においても、ロボットアーム操作の腕を買われることになる。STS-92ミッションは、宇宙ステーションの各モジュールをドッキングするために多用される共通結合機構(CBM)を初めて宇宙で使用するという、その後の計画の成否を握る重要ミッションであった。NASAはこの重要な任務に若田を起用し、ドッキングを成功させた。2003年のコロンビア号空中分解事故以降は、ロボットアームで船体の損傷をチェックするセンサ付き検査用延長ブーム(OBSS)の開発に関わった。

    若田は2009年3月16日にSTS-119ミッションにて、JAXA宇宙飛行士としては初のISS長期滞在ミッションを行っている。同年6月の予定の、帰路の便となるSTS-127は、日本のきぼう船外実験部と船外補給部を搭載しており、ロボットアームを使用した作業が多数予定されている。ただし、若田の作業分担は未発表である。

    九州大学在学中には、鳥人間コンテストに出場した。1996年の番組冒頭では、出場時や宇宙飛行の映像が紹介された。

    趣味は野球、テニス、スキー、飛行機の操縦、ハンググライダー。ドイツ人の妻との間に1男がある。



  • 若田光一の画像
  • 若田光一の動画
  • 若田光一のショップ
  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク

    若田光一の芸能ニュース

  • ニュースはありません