スポンサーリンク
渡邉美樹のブログ
誕生日:1959年10月5日
血液型:A型


渡邉美樹のSNS一覧
  • 渡邉美樹ブログ
  • 渡邉美樹Facebook
  • 渡邉美樹ツイッター

  • エピソード・経歴
    渡邉美樹(わたなべみき、男性、1959年10月5日)は神奈川県横浜市出身の実業家。ワタミ取締役社長・CEO。A型。学校法人郁文館夢学園理事長。政府教育再生会議委員。神奈川県教育委員会教育委員。

    幼少期は野球に熱中。10歳の時に母を亡くし、その後父の行っていた広告事業も清算。その頃に、将来は社長になることを決意する。

    学歴は神奈川県立希望ヶ丘高等学校、明治大学商学部卒業。学位は商学士(明治大学)。 高校時代は図書館にこもっていたと講演会で語っている。大学在学中には大規模なイベントを多数企画実施している。大学卒業間際の1982年2月に北半球を放浪した。この放浪時に外食産業の素晴らしさに気づき、レストラン経営をしようと決意した。

    経営コンサルタント会社で経理を学んだ後に1年間佐川急便(当時の東京支社管内)でセールスドライバーとして勤務し、起業資金300万を稼ぐ(同社の先輩に、元ソフト・オン・デマンド社長の高橋がなりなど)。1984年には有限会社渡美商事を設立。経営不振のつぼ八店舗を買い取る形で、フランチャイズ店オーナーとなる。1987年に「ワタミフードサービス」と改称し独立。1996年に株式店頭登録、1998年には株式上場を果たす。2002年の終わり頃にはワタミは300店舗を超える規模となった。 高杉良の小説「青年社長」(角川文庫)は、渡邉を主人公にしてワタミの起業とその後の展開を描いたものである。負債30億円をかかえる郁文館学園に私財一億円を投じたほか、金融機関と支払金利の減免を交渉し、赤字体質からの脱却に成功している。 2006年10月、日本政府の教育再生会議委員に就任。

    最近はコメンテーターとして報道番組に出演し、教育問題について語ることが多い。

    大学入試廃止論者。「現在の高校生は受験を至上目標としている。大学入試は不要な競争を煽っており、子供が夢を持つことができない。好きな大学に全員が入れるようにする必要がある。」と主張している。

    「子どもの夢をはぐくむ学び方」対談記事
    しかし「現行の大学入試=夢がない」、「受験競争の結果に待っているものは堕落だ」といった意見に対し、現実的でないという声もある。また、「夢」というものを先行させるあまり、このような教育論を単なる理想論、机上の空論だとする声もある。

    教育再生会議では現在の公立学校の常勤教員を大幅に削減し、「半分」(コマ数の半分なのか教員数の半分なのかは曖昧)を非常勤講師でまかなえば教育の質が向上すると主張。



  • 渡邉美樹の画像
  • 渡邉美樹の動画
  • 渡邉美樹のショップ
  • 感想を投稿

    名前
    コメント

    誹謗中傷、個人名、メルアド、電話番号、URL、自演などの投稿は禁止です。

    みんなのコメント

    コメントはまだありません

    スポンサーリンク

    渡邉美樹の芸能ニュース

  • ニュースはありません